【院長インタビュー】メディカルパーク横浜 菊地 盤院長

大学病院で培った確かな技術で、患者さんに寄り添い最適な治療法を提案

 

今回は2019年開の最新設備の整ったクリニックで患者さんの状態に合わせた治療法を提案する、メディカルパーク横浜 菊地院長にお話を伺いました。

菊地 盤
順天堂大学医学部卒業
順天堂大学産婦人科先任准教授(助教授)
順天堂大学医学部附属浦安病院リプロダクションセンター長を経てメディカルパーク横浜院長就任。順天堂大学医学部産婦人科客員准教授も務める。

 

”将来の妊娠”を支えるため、高度生殖補助医療と婦人科内視鏡手術のシナジーを考える


順天堂大学医学部附属浦安病院リプロダクションセンターに勤務していた頃は、かなり多くの婦人科内視鏡手術をさせていただきました。その中でも特に「妊孕性温存」、すなわち子宮摘出などではなく、将来の妊娠を考えた手術に特化したいと思い、生殖補助医療と内視鏡手術のシナジーを考えてまいりました。
そのため、当院では将来の妊娠を考える方のために様々な治療法をご提案しています。その中には、不妊治療はもちろん、独身女性の未受精卵の卵子凍結もございます。

Q.患者様と接する時に心がけていることや、気をつけていることはございますか?


不妊はデリーケートな問題ですので、特に初診時は時間をかけてお話するようにしています。初診時からご夫婦での来院をお奨めしており、パートナーさんにも積極的にお話させていただいております。

Q.メディカルパーク横浜独自の取り組みはございますか?


妊孕性温存として、卵子凍結にも取り組んでおります。また、メディカルパーク本院と連携し、体外受精と内視鏡手術を組み合わせた、いわゆるハイブリッド治療も可能です。ラボもPIEZO-ICSIやタイムラプスなどの最新の機器を導入しております。

Q.今後のクリニックの展望などあればお聞かせください。


卵子凍結には力を入れたいと考えております。まだ日本では独身女性の卵子凍結を行なっているクリニックは少ないですが、今後女性のライフスタイルを考える上でも必要な治療になってくると思います。また、妊娠の妨げとなる、子宮内膜ポリープなどに対しても日帰りの子宮鏡手術を導入予定です。

Q.不妊治療を始めようと思っている方やクリニックを探している方へのメッセージをお願いいたします。


正直に申し上げて、決して敷居が高く無いとは言えない治療ではあると思いますが、まずはご相談だけでもお気軽にいらしていただきたいと思います。今妊娠しようとしている方のみならず、これから先に妊娠をお考えの方々のご相談窓口を目指しております。


ありがとうございました!

 

メディカルパーク横浜

関連記事

  1. 妊活を始める時の大事なポイント

  2. あなたの生理は正常?それとも、異常?

  3. 意外と知らない、精子の老化

  4. 排卵日=妊娠しやすい日じゃない?

  5. クリニックでの排卵確認

  6. 卵子の老化はいつから始まる?