【院長インタビュー】杉山産婦人科 杉山 力一院長

一般不妊治療や高度生殖医療〜産科までトータルな医療を”とにかく親切に、そして適確に”提供

 

今回は都内に3院構える確かな技術と最先端医療で人気のクリニック、杉山産婦人科 杉山院長にお話を伺いました。

杉山力一
東京医科大学卒業
1999年に北九州市セントマザー産婦人科に国内留学し体外受精の基礎を学ぶ。
実家でもある分娩施設「杉山産婦人科」に併設し、2001年に不妊治療専門の杉山レディスクリニック開院。2007年に分娩、生殖医療、内視鏡手術を行う総合施設、杉山産婦人科世田谷を開院。その後2011年に杉山産婦人科丸の内、2018年に杉山産婦人科新宿を開院。

産婦人科医として、高度な最先端医療も駆使しながら妊娠から出産まで責任を持つ

北九州市のセントマザー産婦人科に半年間の国内留学をしていた頃、1日に20~30人ほどの体外受精を行っていました。セントマザー産婦人科では妊娠からお産まで対応していたので、夜通し出産に立ち会うことも多く、大変な激務でした。しかしそこでは「産婦人科医」が全うすべき多くのことを学びました。私の専門は体外受精ですが、セントマザー産婦人科での経験から、妊娠だけで終わるのではなく、妊娠から出産まで責任を持ち患者さんを見守りたいという思いがございます。

Q.患者様と接する時に心がけていることや、気をつけていることはございますか?

とにかく親切に、そして適確に最先端医療を提供しています。また、患者さんからの質問メールは全て24時間以内に返信するよう心がけています。

Q.杉山産婦人科独自の取り組みはございますか?

杉山産婦人科世田谷では安全な無痛分娩を中心にした分娩専門施設、杉山産婦人科丸の内は生殖医療と日帰り内視鏡手術、杉山産婦人科では生殖医療に特化し、各分野のスペシャリスト専門医が診療にあたります。お仕事をしながらも生殖医療が受けられますように、土日祝日診療、平日は19時まで診療しております。
また、卵子培養にはタイムラプスという24時間非開閉型の最新インキュベーターを使用しておりますが、当院はタイムラプスの中でも唯一加湿が出来る「GERI」というインキュベーターを使用しております。つまり、当院オリジナルの培養環境を設定できます。

Q.今後のクリニックの展望などあればお聞かせください。

難治性着床不全への対応、着床前診断の充実をしていきたいと考えております。

Q.不妊治療を始めようと思っている方やクリニックを探している方へのメッセージをお願いいたします。

先ずは通いやすいお近くのクリニックへいらしてください。ご年齢が比較的高い方は、初めから高度不妊治療専門施設をお勧めいたします。

ありがとうございました!

杉山産婦人科 丸の内

 

関連記事

  1. 不妊の原因になり得る、「排卵障害」とは?

  2. 【院長インタビュー】メディカルパーク横浜 菊地 盤院長

  3. 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)ってなに?

  4. AMHって?AMHは何のために測定するの?

  5. 排卵検査薬の選び方と使用時の注意点

  6. 意外と知らない、精子の老化